来た。ついに来た。(シュウォッチ復刻byハドソン)

c0151975_1935661.jpg
どれだけこの日を待ち望んだことか。
我が小学生時代の必須アイテム、シュウォッチ復活。
今やDS liteなのでしょうが、僕の時代はシュウォッチでした。
まったくわけわからない人も多いでしょうからコチラ参照

1987年当時、ぼくたちのカリスマは高橋名人でした。
一秒間にボタンを16回押す、いわゆる16連射の神です。
親指と人差し指をソフトにつまみ、
目に見えない速さでボタンを叩くその様に誰もがあこがれたものでした。

人差し指と中指で交互に叩くピアノ打ち
四本の指の爪をこすって打つこすり打ち

など各自創意工夫して日々この二つのボタンに青春をささげました。

また、定規を固定して振動を利用すると、
前人未到の一秒間30連射以上も可能でした。
しかしコレは邪道でしょう。

10秒間で何回ボタンが押せるか、
ただそれだけのことなのに、なぜか熱くなる。
そんなあの頃を思い出し、20年ぶりの挑戦は、
10秒間に101回、一秒当たり10,1回と言う記録でした・・・

年末に本格的に発売されるようですが、
今回はハドソンスタイルでの先行販売分を入手しました。

で、僕はこのシュウォッチにはナミナミならぬ思い入れがありまして、
大学生の時、コレの復刻を企画したことがありまして、
当時、vacuum recordsと言う,レゴやプレイモービルや,
その他イカシタ雑貨なんかを売ってるステキなお店がありまして、
イロイロおもしろいことやってる店だったんですよ。

(僕が遊びに行ったとき、ポールスミスがフラッと来て、僕はびっくりしながら、
あれポールスミスだよ!と、ともだちに教えたことはいい思い出です)

で、ともだちがそこで働いてまして、
おかしななかまたちがシュウォッチ復刻の話をなんと無しに持ちかけたところ、
社内で企画が通り、ハドソンに話を持っていったんです。

が、しかしどうやらシュウォッチはハドソンだけでなく、
シャープやら任天堂やらが絡んでるようで、
権利関係が複雑?だかなんかで企画は消えてしまったそうです・・・

今回の復刻に関しても、
本当は一年以上前に出るはずだったのが、突然の発売中止で、
今日の今日まで待ってたわけです。

とまぁ、そんなこともあり、今回の復刻は非常にうれしいです!


c0151975_19352331.jpg
眺めてるだけで幸せです。



連射が始まった時の盛り上がりに涙・・・
[PR]
# by tunelessmelody | 2008-10-07 20:19 | TUNELESS MELODY

軽いバックパックと言えば・・・(2)ZPacks!!!!

c0151975_19462327.jpg
空から
c0151975_19463590.jpg
なにやら
c0151975_19465024.jpg
おかしなものが
c0151975_1947881.jpg
飛んできました。





ZPacks™"Blast26"Backpacks!





話は遡りまして、
そもそも去年、僕がアウトドアに興味を持つ、
そのきっかけになったのは一冊の雑誌でした。
フジロックに持っていく道具の参考になればと思い買った、
野外道具パーフェクトブックなる本でした。

c0151975_9182294.jpg
↑もうボロボロ   ↓この写真にやられました・・・
c0151975_9183414.jpg


いわゆるカタログ本なのですが、
巻頭で特集されていたのがウルトラライトバックパッキングなるものでした。
そこの部分を何回読んだかわかりません。
僕はそこからスタートしているので、
常に頭の中に軽量化なる文字がよぎります。




というわけで、イロイロ調べていくうちにたどり着いたのは
zpacksなるメーカーでした。

このメーカーのバックパック類はとにかく軽い。
僕が購入したのは、Cuben Fiber素材を使ったblast26なるバックパック。
なんとたったの105gで、42.6ℓ !!!
お値段は110$(+オプション代)

この軽さにはやはり裏があり、
もうほんとに軽量化を最優先し、
必要最低限の補強も省略化したかのような作り。

コレに、
ウエストやらチェストストラップやらオプションを加えて補強していくことになる。
背面パッドも何にも無い、言わばタダの袋。
コレをウエストベルトやらで守ってあげないといけない。
それでも相当に軽いですが。

軽量化に伴うリスクをすべて理解したうえで、
このメーカーの思想に賛同しなければ買えない一品だと思います。

ま、僕はといえば、タダの興味本位ですが・・・

僕の購入時は円高マックス状態(95円)だったので安く買えました。

いつか日帰り登山でもしたときに使いたいのですが、
なにせ仕事仕事で休みもなく・・・

とはいうものの日常生活においては結構使ってます。
街で使っていると視線を感じます・・・
まわりの評価は、

なにゴミ袋背負ってるの???

が大半です。

まぁでも、重い荷物を背負うに当たり、
ある程度の重さのあるバックパックを背負うのは理解できます。
それなら荷物がほとんどないようなときは
究極に軽いモノを使うのもアリなのではないでしょうか?

というわけで、僕はこのblast26、大好きです!


さてさてzpacksのサイトにもイロイロ画像はありますが↓に参考画像を載せておきます。


c0151975_19473676.jpg
タダの袋状態(前)
c0151975_19474697.jpg
タダの袋状態(後ろ)
c0151975_19481100.jpg
リッジレスト(short)を入れて骨組みを作った状態。
ドローコードを引っ張って、前ポケットの下のほうにあるループに引っ掛けます。


c0151975_19482161.jpg
横のポケットにはナルゲン一ℓボトルは余裕で入ります。

c0151975_19483265.jpg
ウエストベルト、ショルダーパッド、チェストストラップを追加しました。

c0151975_19484165.jpg
真上から。
c0151975_19491152.jpg
家庭用ミシンで充分作れる縫製。
チェストストラップの手作り感あふれる仕上げ!

c0151975_1949211.jpg
テンションがかかる部分は何回も縫ってます。

c0151975_19493365.jpg
普通ならバータック(カンヌキ)で仕上げるところでしょうが、
ストイックに針を何回も通しています。
おそらく普通のミシンで1つ1つ手作りでつくってるんでしょう。


大企業では決してやらないことをガレージメーカーとしてコツコツやる。
そしてそれを支持する人もいる。

joe!応援してます!
[PR]
# by tunelessmelody | 2008-06-26 10:36 | BACKPACKING